保湿が十分で、潤いのある肌なら、気

  • HOME
  • 保湿が十分で、潤いのある肌なら、気

保湿が十分で、潤いのある肌なら、気

保湿が十分で、潤いのある肌なら、気になるシミなどの色素沈着は起こりにくいのです。



しっかり潤っているお肌は水分と油分がバランス良く保持されていて、整ったきめで肌が守られています。水分や油分で潤い、きめが整った肌はバリア機能も高く、紫外線による肌奥部のダメージもうけにくく、メラニン色素が増えにくくなり、シミも予防できます。



シミを防ぐためにも、肌の乾燥には気をつけなければなりません。
キメが揃った美しい肌は誰しもあこがれるお肌ですよね。美しい肌を持ちつづけるためには、1にも2にも保湿がとても大切です。とても潤いがある肌はハリのある肌は多少のトラブルもすぐ直ります。

また、保湿の為に意外と必要と言われているのが、UVケアなのです。紫外線は乾燥させてしまいますので、ケアを適切におこなう事が大切です。


敏感肌でお悩みの原因は、保水不足が原因となる事が多いのですが、肌質に合っていない化粧水を使っても、かえって悪化させてしまいます。
肌質どおり低刺激の化粧品を用いて、保湿することが大切です。

ダブル洗顔はダメージを与えますので、刺激がマイルドな肌に合うクレンジング剤で、ちゃんと落とすようにしてください。


アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、シゴトに追いまわされる毎日ですが、ある時、鏡に映った自分の姿を見て大変驚いてしまいました。目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさを突きつけられた気がしました。


この衝撃の日以降、私は心に誓いました。どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰っても洗顔を始め意地でもしっかり一通りのケアを終わらせて肌を大切にしよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。荒れやすい肌の場合は、荒れやすい肌だと一括りにする事には無理がありますが、肌にとって厳しい事が掛からず、その上肌別に合った化粧品で、お手入れをするということが大切です。四季や肌年齢によって、肌の具合が変化しやすいというのも、荒れやすい肌の悲しいところです。

つける時のお肌の調子に合わせて、抜かりなくスキンケアをするようにしましょう。イロイロな人を見て、個人的に実感してることですが、顏のシワがはっきりしてくるのはだいたい38歳くらいかなと思っています。
この年齢になってくると、ナカナカ身体の疲れがとれないことを実感しますし、目の下に横たわるクマとかほうれい線が顏の中で急激に目たち始めたりもします。

こうなる前は、一日が終わって肌が結構疲れていても、ちょっとしたケアをしてあげれば次の日の朝には復活を遂げていたはずなのですが、38歳以降にはもう元の調子に戻るまで、相当時間を必要とするようになって、もうずっと、疲れた状態が続いているように思います。
炎症といった肌トラブルが起きますと、気がついたらシミになっていたなんて事があるものです。


日常においては、日焼けです。赤く痛むときはもちろんの事、何も感じなかったとしても隠れダメージが起こっています。美しい肌を創る方法とは、日焼け対策なのかも知れないです。かゆみがあって、皮膚をしつこく掻きつづけたり、風邪の時に何度も鼻をかんだりしていると、そのことで肌は徐々に薄くなっていってしまいます。



肌の外側にあって外界に接している表皮は薄い層の重なりとなっています。引っ掻いたり擦ったりすると、薄い層はどんどん減っていくのです。
表皮はいわば、皮膚のバリアですから、これがすり減ると、すぐ下の真皮も損傷をうける確率が高まります。真皮が損傷をうけてしまうと状況は深刻です。真皮は肌を支える重要な力をなくして、このようにしてシワ、たるみはできてしまいます。



最近、幅広い世代の人と会う機会が増えて思い当たったことがあります。



それは、肌質がシワに影響するということです。

もち肌みたいに柔らかい肌質は、シワができにくく、もし出来ても回復しやすいということです。

若いうちにツルッとしているのは当たり前。将来のことを考えれば気をつけなければなりません。


法令線みたいなシワが気になり、手つくりコスメで人気のあった炭酸水で創るフェイスパックをつづけていて、やわらかさを実感したのと同時期にシワがなく明るい肌色になって驚きました。
もしかすると首もやっておいたほうがシワが消せたのかも。



今はお風呂で炭酸パックをしています。
産後に体質が変わっ立という話は良くききますが、肌もその例に漏れないようです。

ホルモンは生理周期でも変化しますが、妊娠により数ヶ月以上安定していたアトは影響が大聞く、肌の乾燥(しわ)や、ニキビ、しみの定着などが起きます。

個人差はありますが、ある程度は自然な反応と言えるでしょう。

2つある女性ホルモンのうちエストロゲンが減少するので、皮膚が薄くなって乾燥しやすくなります。表皮バリアが薄いので肌が敏感になるので、産後の肌質の変化に対応するには、極力マイルドで添加物の少ない化粧品でたっぷりと肌を保湿するようにしましょう。ベビーちゃんと一緒に使えるケアアイテムもあるようです。
Copyright (C) 2014 スキンケア天国 All Rights Reserved.

Page Top